スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ケッヘル〈下〉  中山 可穂

    • 2006.08.23 Wednesday
    • 20:55
    ケッヘル〈下〉
    ケッヘル〈下〉
    中山 可穂
     198 ★★★★☆
     【ケッヘル〈下〉】 中山 可穂 著  文藝春秋

     《男と女の愛、女と女の愛、モーツァルトの調べに乗せて?》

    内容(「MARC」データベースより)
    絶望の淵から生まれた恋。だが復讐の連鎖は止まらない。真に人間らしい人生とは、誰かをひたむきに愛し、愛される、薔薇色の不安に満ちあふれた人生のことだ。『別冊文芸春秋』連載を単行本化。


     希望とは、モーツァルトの音楽のようです。万人に等しく与えられ、耳と心を開きさえすればいつでも享受でき、人生を豊かにしてくれる。わたしに希望を教えてくださったあなたとアンナに、心から感謝いたします。わたしはモーツァルティアンにはなれませんでしたが、いくつかの曲は長い人生に寄り添ってくれるかけがえのない友になりました。いつかまたあなたからモーツァルトの音楽についての愉しい講義を聞ける日が来ることを、わたしは何よりも楽しみにしています。何と言ってもわたしたちは変ホ長調の偶然によって結びつけられているのですから。 (本文より)

     やっぱり、上、下巻は長かった。それでも読み応えがあった。後半はミステリーのような感じだが十分楽しめた。生まれてから、人は運命と宿命に操られているのだろうか。中山作品であるから、女が女を愛するのもあるし、それに劣らずの親子愛も歌っている。
     


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コンバンハ。TBありがとうございました!
      確かに長かったですね…。そして、内容が重かった…。
      でも、するすると入り込ませる物語だったと思います。
      上下巻に分かれている作品を読んだのは、本当に久しぶりでした。
      これを機会に分厚い作品にもトライしてゆこうと思います。
      こんばんは、ましろさん。
      上下巻は、長い、でも読み応えもありました。
      「ケッヘル」のこと・音楽のことを勉強しなくてはと思いました。
      • ましろさんへ
      • 2007/03/11 10:49 PM
      モーツァルトの曲が出て来ても、どんな曲なのか分からないのが残念でしたが、途中で読むのをやめられないくらい夢中になって読みました。
      同性愛というと、ちょっと抵抗を感じるんですが、相手を思う気持ちが伝わってくる内容でした。
      中山さんの作品、他にも読んでみようと思います。
      こんばんは、エビノートさん。
      TB・コメントありがとうございます。
      この本は、ミステリーも入っていて良かったです。
      ケッヘルがわかればもっと楽しく読めたのか。
      • エビノートさんへ
      • 2007/04/21 9:25 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ケッヘル〈上〉ケッヘル〈下〉 とにかくすごかったです。今年はモーツァルトイヤーだから「ケッヘル」なのね。なんて軽々しく手にとったのですが、やはり中山さんの作品は痛くてすごかった。やられました。愛のために全てを捨てて逃げ続ける女の痛さもすごかったし、
      • 本のある生活
      • 2006/12/17 10:16 PM
      「アマデウス旅行社」は看板を揚げず広告も出さず、ひっそりとクチコミで顧客を増やす会員制の旅行会社。顧客からどんな無理難題をもちかけられても冷静できめ細かい対応につとめ、 人生を変えるようなドラマを旅の
      • ぱんどら日記
      • 2006/12/19 2:23 PM
      中山可穂、この作家の作品と切っても切れないのはレズビアン。 私自身は同性愛者でもなく、そんなモノに興味はないけれども、中山可穂の文章が大好きです。 世間に受け入れらルことのない同性愛がテーマである以上、彼女の作品には絶望と哀しみが溢れています。私は、
      • 銀行員で行こう!
      • 2007/03/25 1:16 PM
      ≪内容≫ 上巻:ケッヘル番号が、わたしをこの世の果てまで連れてゆく。モーツァルトの音楽に取り憑かれた男と、過去の亡霊から逃げ続ける女。出会うはずのない二人の人生が交差した瞬間、狂おしい復讐の幕が上がる。 下巻:真に人間らしい人生とは、誰かをひた
      • まったり読書日記
      • 2007/04/21 12:14 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM