スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    せちやん―星を聴く人  川端 裕人

    • 2006.05.20 Saturday
    • 00:22
    せちやん―星を聴く人
    せちやん―星を聴く人
    川端 裕人


    112 ★★★☆☆
    【せちやん】 川端裕人 著  講談社

    《僕もせちやんに出会っていたら…。》

    (「MARC」データベースより)
     ぼくはいつもここにいて、訪ねてくれる人を待ちながら、空を見つめている。くじら座のフーガ。銀色ドーム。十二光年の孤独…。星に魅せられた少年の「その後」を描いた長編小説。『小説現代』連載を単行本化。


     やつちゃん、クボキと3人で過ごした「摂知庵・せちあん」での日々。
     中学生時代にみた天体へのあこがれがいつまでもこころの中にあるのだ。
     仕事だけの人生はつまらない、何かに打ち込むことも大事なのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      この作品は大好きな作家、川端裕人さんの作品のなかで一番好きな作品です。宇宙の孤独を理解したとき、少年は大人になるのでしょうかねぇ?
      こんばんは。
      私も好きな作家さんなのですが、まだ2冊しか
      読んでいません。何冊か、積んであるんですが。
      天体・宇宙の話はあこがれますね。
      • すのさんへ
      • 2006/11/12 10:51 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「せちやん−星を聞く人−」川端裕人(2003)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、現代、科学、NASA、SETI計画、宇宙、青春、少年、星々 先日読んだ「デセプション・ポイント」(ダン・ブラウン)が、NASAを舞台にしながら、結局はホワイトハウスの政治抗争というあまり
      • 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
      • 2006/11/12 8:31 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM