スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    邂逅の森  熊谷 達也

    • 2006.08.15 Tuesday
    • 00:05
    邂逅の森
    邂逅の森
    熊谷 達也
     190 ★★★★★
     【邂逅の森】 熊谷 達也 著  文藝春秋

     《マタギは、マタギに還る》

     内容(「BOOK」データベースより)
    「家に帰って、妻の手を握りたい」熊に足を喰われ、朦朧とする意識の中で富治はそのことだけを考えた。奔放に生きてきた富治を巨大熊に向かわせたものは何か。俊英がおくる感動の物語。
     

     すごく読みたかった1冊である。
     マタギ・富治の一生の物語だ。
     マタギの話も面白いが、壮絶な人生も圧倒される。

     邂逅とは、思いがけなく出あうこと、めぐり会い、と言うことだ。
     私が高校生のときに、ある教師が最初の授業の時に黒板に書いたのが、
     「邂逅」である。人と人が会ったのだから意義ある時間を作ろうというようなことをおしゃった。人生のときどきに、この「邂逅」の文字を思い出すのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM