スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    海の底  有川 浩

    • 2006.08.11 Friday
    • 23:06
    海の底
    海の底
    有川 浩
      186 ★★★☆☆
     【海の底】有川 浩 著  角川書店
     《スケールが大きいが、少年少女の話か…》

     内容(「BOOK」データベースより)
    横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。


     ブログでときどき見かける名前なので、どんな本だろうか、と思いつつ読んでみた。こういう話は、どんなことで考えつくのか。あとがきに「真面目くさってホラを吹く」と書いてある。でも、なかなか面白かった。潜水艦に逃げ込んだ少年少女たちの心理状況を描いている。そうか、海の底から来た『奴ら』が少年少女たちにメッセージを送って行ったのか。
     逃げ込んだ中に少女がいて、生理のことがリアルに書いてあった。プロフィールをよく見たら有川浩・アリカワヒロさんは、女性の作家であった。納得。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      前に読んだ「空の中」でも自衛隊が出てきたので、男性かと思ってたんですけど、主婦なんですよね〜。それでも、実は男性じゃないの??と思ってしまいました。書き方がわりと淡白というか男性っぽいですよね。
      でもなにもわざわざ生理にしなくてもいいのにな〜と。(苦笑)
      • じゃじゃまま
      • 2008/01/06 3:45 PM
      ちょっと意外でした。
      有川さん、女性、それも主婦なんですね。
      昨年は、図書館シリーズで当り年でしたね。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2008/01/07 8:47 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      私はこういうの大好き、だと思ってたんですよね~。いや、好きですよ、【アナコンダ】とか【グエムル】とかゾンビに追いかけられたり・・・そういう話大好きなので、ものすご~~~~く楽しみにしてました!。。。でも読んでて分かったのは、私が好きなのは映像で見るのが好
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2008/01/06 3:41 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM