スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    聖家族のランチ  林 真理子

    • 2004.11.08 Monday
    • 13:57
    聖家族のランチ
    聖家族のランチ
    林 真理子

    【聖家族のランチ】 林真理子 著  角川書店

    《人間スープは、どんな味だろうか?》

    エリート銀行員の夫、美貌の料理研究家の妻、
    今どきの長女、有名の進学校に通う息子。
    誰もがうらやむ家族に、何かが軋み出していく、
    バランス?は、経済の破綻であり、不倫であり、
    宗教であり。崩壊していくが、これが意外に
    結束していくのだが。
    後半は、こういうこともあるのだろうか?と思う
    のだが、やっぱりあり得るだろう。
    この本を読んでサンドイッチを食べている私が
    異常なのだろうか?

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちわ、はじめまして。
      本書、モンガさんは2004年に読まれていらっしゃるんですね。
      私は最近、文庫本で読んだのですが、
      あまりにもショッキングな展開に、今も変な余韻が残っています。。。
      また遊びにきます。
      今後ともよろしくお願いいたします。
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      聖家族のランチ 林 真理子 / / 角川書店 ISBN : 4041579422 スコア選択: 結婚して子供ができれば幸せだろう。 でも、子供を産むことと、子供を立派に育てることとは全く別問題なのだと思う。 子供をしっかり育てられるかどうか、両親の実力にかかって
      • Sydneyの泣きたい夜は
      • 2007/05/03 12:41 AM
      聖家族のランチ (角川文庫)/林 真理子 ¥580 Amazon.co.jp    満 足 度:★★★ (★×5=満点)  ■ストーリー■  大手都市銀行に勤務する夫のヨーロッパ赴任に伴って、 現地で料理を学んだユリ子は、 帰国後、美貌の料理研究家として 一躍マス
      • ★試写会中毒★
      • 2008/07/07 12:55 PM
      聖家族のランチ (角川文庫)/林 真理子 林真理子 角川文庫 2005 STORY: 料理研究家のユリ子は編集者と不倫、夫の銀行は大変なことに、娘は大学に行かず男に失恋、息子はあやしい宗教にはまり…。 感想:  うーん。こんな話だとは思わなかった! と
      • 読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版)
      • 2008/10/24 5:30 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM