スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ドゥードゥル  清水 博子

    • 2006.05.24 Wednesday
    • 23:44
    ドゥードゥル
    ドゥードゥル
    清水 博子

    115 ★★☆☆☆
    【ドゥードゥル】 清水博子 著  集英社

    《いろんな文体があるもんだと思うのだ》

     (著者からの内容紹介より)
     同窓生の結婚式で会った女から小説の代筆を頼まれた私。筆が進まぬまま彼女のペースに呑み込まれ、現実と幻想の境も曖昧に…表題作。“文章の快楽”を純粋に果敢に追求する気鋭、極上の小説集。

     
    “文章の快楽”か、初めて読むのには、ちょっと苦痛でした。
     ここでミワコとのかかずらいが終わったとすれば、わたしはおそらく、関西弁を喋る女との出来事をいわゆる笑い話としてだれかに語り、語られた相手はそれが実話なのかあるいは法螺話なのかといった興味を抱くまもなく忘却したことだろう。(本文より)

     こんな文章が延々と続きます。慣れると読みやすくなるかなー。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM