スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    リアルワールド  桐野 夏生

    • 2004.11.01 Monday
    • 13:49
    リアルワールド
    リアルワールド
    桐野 夏生

    リアルワールド】 桐野夏生 著  集英社

    《今日は今日です。》

    桐野さんの作品は人間の醜い面を出すことが本当に
    上手い人だと感心させられる。
    今回は高校三年生が主人公たちである。
    隣りの高校生の息子が母親を殺した。それに関わる
    女学生に話が繋がっていく。表面上では取り繕って
    いても、決して腹の底から語れない、語り合えない
    家族関係、友人関係等。事件はこうしたところが
    ほんの弾みで出てくる。親に言い分、子供の言い分、
    何が正しく、何がおかしいのか、青春時代に起きる
    社会への、親への不信。これを乗り越えて、乗り越えられ
    ないままに成長していっている気がする。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM