スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    すべての雲は銀の…  村山 由佳

    • 2004.10.02 Saturday
    • 13:26
    すべての雲は銀の…
    すべての雲は銀の…
    村山 由佳

    【すべての雲は銀の…】 村山由佳 著 講談社

    《女は良くわからない》

    物語の設定は男子大学生が主人公である。
    自分の彼女が実の兄貴と出来てしまって、長野の農園
    にアルバイトに行って傷ごころはどうなるのか?
    彼女は妊娠していることも、結婚することも分かり
    彼女への不快、兄貴への不信、自分のふがいなさも。
    長野信州には、癖のある人たちが厳しくも温かくも
    迎えてくれるが。
    物語には、その彼女は出てこないが三人の女性が
    登場してきて三者三様でここが面白いのかも?

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      彼女と兄、許せないんですよね〜。
      とくに彼女(だった)方、大嫌いですね〜。(苦笑)
      • じゃじゃまま
      • 2006/12/13 9:43 AM
      こんばんは、じゃじゃままさん。
      TB・コメントありがとうございます。
      もう、読んだ印象が残ってないですが、
      《》彼女と兄、許せないんですよね〜。《》
      これだけは、覚えていますよ。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2006/12/14 12:15 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      どなたかが「すべての雲は銀の・・・」を薦めていたので読んでみました。 村山氏の作品は、「天使の梯子」「天使の卵」以外では初めて。 こういう青春小説っていいですよね。最近は大体はミステリ・サスペンスなどが多いため、とっても新鮮。 そういえば十数年前は青春
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2006/12/13 9:42 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM