スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    満月の夜、モビイ・ディックが  片山 恭一

    • 2004.09.27 Monday
    • 13:20
    満月の夜、モビイ・ディックが
    満月の夜、モビイ・ディックが
    片山 恭一

    【満月の夜、モビィ・デイックが】 片山恭一 著  小学館

    《モーツァルトとバス釣り好きな人は必読かも?》

    俗に【セカチュウ】でヒットした片山さんの作品を読んでみた。
    この作品は、村上春樹さんの【ノルウェイの森】に似ている
    そうだが、十何年前に読んだのでどうかなと言う程度である。
    片山さんの世界があるので、これはこれでよいのではと思ったが
    どうだろうか。
    この作品の出だしが男からの視線というか、語り口を感じた。

      …    …    …
     両親の関係が崩壊していく過程は、一つの教訓をぼくに
    もたらした。結婚は偶然の産物に過ぎない。何かの原因で、
    どちらか(あるいは双方)が自分たちの結婚生活に情熱を
    失えば、夫婦など素粒子みたいに簡単に崩壊してしまう。
    どんなに運命的に見える出会いも、一緒になってから冷静
    に振り返ると、若気の至りか勘違いであったことに気づく。
    そして「おれは(わたしは)たまたまそこにいた相手を、
    たまたまそこにいたというというだけの理由で、生涯の
    伴侶にしてしまったのでないだろうか(しら)」という、
    パスカル的な崩壊にとらわれる。
     世の中の夫婦が子どもをつくるのは、一緒に暮らして
    いる相手が、じつは生涯の伴侶でもなんでもなく、偶然
    という運と不運によって、たまたま契りを結ぶに至った、
    きわめて蓋然的な存在である、ということにみんな薄々
    気がついているからではないだろうか。

    中略

    どうしてぼくたちは、はずみや勢いで選んでしまった相手と
    ステディな配偶関係を結び、あたりはずれにかかわらず、
    生涯の大半を共に暮らすなどという不合理を延々とつづけて、
    いるのだろうか。

      (本文より)

       …     …     …

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:20
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM