スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    イン・ザ・プール  奥田 英朗

    • 2004.08.25 Wednesday
    • 12:51
    イン・ザ・プール
    イン・ザ・プール
    奥田 英朗

    【イン・ザ・プール】 奥田英朗 著

    《この本を読んで笑わないヤツはエライのだ。》

    今、話題の一冊の本である。
    読む進むうちに自然と笑みが出て来てしまう本です。
    総合病院の地下にある神経科に通ってくる患者と
    子供みたいなオヤジ医師との物語です。
    ここに出てくる医師はこんな感じです。
    『伊良部は、自分がこれまで出会ったことのない変人中の
     変人だ。彼にはきっと悩みなどないのだろう。欲望の赴く
     ままに行動し、わめいて、笑って。五歳児に悩みがないのと
     一緒だ。ただ羨ましくもあった。少なくともこの男は、自分の
     ようにくよくよしたりしない。 』 (本文より)

    心身症だった男がプール依存症にかかる話。
    ケータイがないとどうしょうもない高校生のケータイ病。
    家を出てたばこの吸殻が気になる脅迫神経症の男の話。
     などなど。

    今どきの人間は、なんらかのストレスを感じて生活して
    いる。それが、突然か、じわじわか、体に変調をもたらして
    くる。それを解決してくれるヒントをこの本に記してあるの
    だろう。人間の持っている本能のまま生きるのが一番な
    ようだが、ちょっとした欲望や自意識をもっているから大変
    なのである。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 12:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      伊良部みたいな大人になると楽だろうなあ。
      なりたくないけど。。。
      こんばんは、しんちゃん。
      伊良部みたいな大人になると人生が
      楽しくてしょうがないんじゃないか。
      • しんちゃんへ
      • 2007/08/04 7:52 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      イン・ザ・プール奥田 英朗 (2006/03/10)文藝春秋 この商品の詳細を見る 総合病院の地下1階、精神科のドアをノックすると甲高い声で「いらっしゃ〜い」。そこに待つのは注射フェチの医師と露出狂の看護婦だった。伊良部シリー
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/08/04 2:39 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM