スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    転がる石 阿久 悠

    • 2004.07.11 Sunday
    • 12:14
    転がる石
    転がる石
    阿久 悠

    【転がる石】 阿久 悠 著

    転がる石はどこへ行く
    転がる石は坂まかせ
    どうせ転げて行くのなら
    親の知らない遠い場所
    転がる石は目がまわる
    転がる石は知恵がつく
                 (本文より)

    5編からなる短編であるが連作の形式である。
    読みやすいところの二つめから読む。ところが
    読み進んでいくと、どうも前に一度読んだような
    気がしてきた。リストを見たがチェックしてないので
    読んでいない。そうなると面白くないのだ。
    二つ目は読んで、他編は斜め読みで終わる。
    阿久悠さんにはごめんなさい。
    若い男性が主人公の話、昭和33年ころの時代が
    舞台であるから良くわからないが心情は今と
    そう変わらないか?

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 12:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM