スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    笑う招き猫  山本 幸久

    • 2004.06.27 Sunday
    • 11:48
    笑う招き猫
    笑う招き猫
    山本 幸久


    【笑う招き猫】 山本幸久 著

    《漫才にも人生があるんだ!》

    小説すばる新人賞受賞作
    阿刀田高、五木寛之、井上ひさし、北方謙三、宮部みゆき、各審査員が絶賛している
    駆け出しの女漫才コンビの話であるところどころにある鼻唄が
    実に効いている
    最後の部分にもこんな歌詞がある
     中略
    ♪野を越え山越え越えてしまった適齢期
     男と並んで愛誓うよりも
     女と並んで笑いを取りたいと
     心を決めたその日から
     二人は漫才師になりました
     愛、受け取るよりも
     笑いで受け取る
     それが二人のしあわせなのよ♪
    ♪愛、受け取るよりも
     笑いで受け取る
     それが二人のしあわせなのよ
     しぃあぁわぁせぇなぁのぉよぉぉぉ♪

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 11:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM