スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    恋を数えて  佐藤 正午

    • 2003.12.30 Tuesday
    • 00:17
    恋を数えて
    恋を数えて
    佐藤 正午

    【恋を数えて】 佐藤正午 著

    《恋?》

    『 賭け事をする男とだけは一緒になるな。
    それが母の遺言でした。・・・・・・・・

    恋を数えて
    としまどす
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    すでに母が亡くなってから七年が過ぎました。遺言にそむく心配はないようだけれど、新しい人との出会いがあれば、しょうこりもなく恋の悩みを抱えることになるかもしれません。
    この秋には三十歳をむかえます。 』

    これが小説の冒頭としめくくりの部分です。あとがきによれば、最初と最後の部分があって、あとは空白を埋めることだけでした、とあります。下記の言葉はあとがきです。
    カウンターで隣り合わせたきみとの会話
    「賭け事するでしょう」
    「え?」
    「競輪」
    「・・・・・・・どうして?」
    「ポケットから新聞がのぞいている」
    ・・・・・・・・・
    「賭け事をする男とはつきあうな」
    「・・・・・・・・・・?」
    「母の遺言なの」
    「母の?  死んだおかあさん?」
    「ええ。だからごめんなさい」
    ・・・・・・・・・
    「きみいくつ?」
    「28」・・・・・・・・・・・・・・・・
    「おかしいよ。母の遺言なんて、いまどき。流行らないよ」
    「そうかしら」
    「そうさ。ねえ・・・・・・・」
     (本文より)

    これも作家の演出かもしれませんが、こんなところから小説のヒントが生まれてくることはあるような気がします。
    物語はバーのホステスとなったひとの恋愛遍歴を綴ったものです。哀しく、哀しく、たくましい、そんな女性の物語です。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:17
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM