スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    キッチン  吉本 ばなな

    • 2003.12.15 Monday
    • 00:09
    キッチン
    キッチン
    吉本 ばなな

    【キッチン】 よしもとばなな 著

    《小説の最初》

    このところ、本ばかり読んで過ごしている。

    こんなに読書人間になる生活も悪くない気がする。会社の昼休みは応接室でテーブルに足を投げ出し、お尻をソファに深くおろし、特等席で読んでいる。夜はベッドで体全体を伸ばし、首を高くし枕につけて、テレビをBGMにして読んでいる。
    インターネットで本の解説を読むとそれをメモして、本屋に行き買って読んでいる。解説はいいことばかり書いているが、読まずにいられないのだ。だが、現実は気にいったものを読むようになる。ひとりの作家が気になれば、一冊読んでおもしろければ、何冊もその作家を読み続けることが多い。
    そんな訳で、今週は吉本ばなな著【白河夜船】【キッチン】【TUGUMI】を読んだ。
    1988年に書かれているが、今読んでも、文章の言葉が生きているように感じる。若い女性の視点での描写が鮮やかな感じで生と死が書かれている。それと最初の出だしが上手い。
    【キッチン】は『私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。』
    【TUGUMI】は『確かにつぐみは、いやな女の子だった。』
    【うたかた】は『嵐とは1回キスしただけだ。』
    【サンクチュアリ】は『春先に、妙な出来事があった。』
    というように、1行で書いてある。これで内容が『ウム・・・ウム・・・』として、最初の文章が読む意識をかもし出してくれるのである。
    【うたかた・サンクチュアリ】を現在読んでいるのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << March 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM