スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    なんとなくな日々  川上 弘美

    • 2006.06.05 Monday
    • 21:56
    なんとなくな日々
    なんとなくな日々
    川上 弘美

    126 ★★★☆☆
    【なんとなくな日々】 川上弘美 著  岩波書店

    《時々に出て来るビールが美味そうだ》

    (著者からの内容紹介より)
     春宵の台所の不思議.たまの遠出のひそやかな楽しみ.日々の暮らしにひそむ小さく愛おしいもの・ことたち−近年立て続けに文学賞を受賞(芥川賞,ドゥ・マーゴ賞,女流文学賞)し,いま最も注目されている作家の最新エッセイ.ユニークな視点と,独特の柔らかな言語感覚で,なにげない日常生活の断片を鮮やかにすくい取る。


    先日読んだ【夜の公園】が、いまいち川上ワールドに浸れなかったのでこの本を読んでみた。エッセイ本である。日々の日常が綴られている。この本を読んでいると何か心地が良くなり、あたたかくなるのは、なぜだろうか。文体のなかに楽しさがあるからだろうか、それとも川上さんの自然体に惹かれているためだろか。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM