スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    恋文  阿久 悠

    • 2003.08.30 Saturday
    • 23:41
    恋文
    恋文
    阿久 悠

    【恋文 LOVE LETTER】 阿久 悠 著

    阿久 悠さんはピンクレディー、沢田研二等などの歌う作詞家として、超有名な人である。
    あのごつい顔で、とてつもないいい歌詞ができるものだと感心させられる。

    「恋文」をめぐる24の物語である。一般的な普通の若い男女の恋文は少ない。天国の夫に宛てたものや、嫁ぎ行く娘から一人で育ててくれた父親に宛てたもの、などなどである。

    本のあとがきに

    『恋文は、自分の思いのたけを伝えるわけですから、本音の伝達ということになります。・・・・・・(中略)   人間は、生きていること自体、どこか切ないものです。真面目に、懸命に、美しく生きようとすればするほど、その切なさはふくらみます。そして、自分自身で抱き抱えていることの限界を感じた時、恋文を書くのです。それはどこか祈りに近いもので、どのようにあからさまに思いを伝えても、下品にはなり得ないものだと思います。  』

    僕は恋文を書いたことも、もらったこともないので、その感慨はないが、そのわくわくした気持ちは十分わかるような気がします。一,二度は、もらったような気がするが恋文というものでなく、どこかへ一緒に遊びに行きませんか、というそんなものだった。それでも、胸キュンになったのを憶えている。

    自分が恋文を書くならば、どんな思いを相手に伝えるだろうか。

    《 あなたへ
    時はいじわるだと、つくづく思う。
    なぜもっと早くあなたと、会わなかったということです。

    二人で感じた風は、空気は、僕は忘れはしない。
    二人で歩いた街は、都市は、僕は忘れはしない

    あなたが、ちょっと気に入った男が
    百回、愛していると言ったら
    僕は、千回は言うだろう

    あなたが、ちょっと気に入った男が
    千回、メールしてきたら
    僕は、八千回はするだろう

    僕にとっては誰がなんと言おうと、あなたは僕にとって女神なのです。
    女神はほんのすこし、微笑んでくれるだけでいいんです
    単純でしょうが、ファイトが湧いてくるのです。…………   》

    恋文は、思いのたけを伝えることは単純だが、難しい。
    前出のような恋文を出しても、ポイと屑篭に捨てられてしまわれそうだ

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM