スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    パイナップルの彼方  山本 文緒

    • 2003.06.20 Friday
    • 23:12
    パイナップルの彼方
    パイナップルの彼方
    山本 文緒

    【パイナップルの彼方】【ブルーもしくはブルー】 山本 文緒著

    第一作、第二作である。山本 文緒作品は、どの小説を読んでも、わくわくさせて、時にドキドキ感があり、面白い。小説自身は、登場人物も特異な人でなく、ありふれた人達だから、なおさら《凄い》の一言である。
    書評家の北上次郎さんでさえ、解説で、「私も書評稼業を二十年近くやっているので、並の新人では、たとえそれが傑作であっても、それほど驚かない。ところが、本書には、ホント ぶっとんでしまった。・…………」と、述べているのである。

    【パイナップルの彼方】は、若い女性の主人公が、会社の女性先輩と女性後輩との間に入って悩みありの、トラブルありの話である。

    【ブルーもしくはブルー】は、女性が結婚する前に好きになった人と、今、結婚している人とのチエンジしたらどうなるかという設定である。女性同志は、瓜二つである。男性が失恋して、前に好きになった人に似てる人を妻に迎えたのである。妻が入れ替わることに起こるさまざまな心の感情を描いている。


    本も読みやすい文体と読みにくい文体がある。読みやすくするのも、作家の技量であるように思えてしかたない。このコラムは、読者にどんな風に感じに捉えられているのか、そんなことは五十年早いと言われそうだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM