スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    おいしい水  盛田 隆二

    • 2003.05.15 Thursday
    • 22:53
    おいしい水
    おいしい水
    盛田 隆二


    【おいしい水】 盛田隆二 著

    《おいしい生活》

    おいしい生活について、考えてみたいが、おいしい生活とは。

    本の帯に「平凡な暮らしを望みますか、それとも、結婚しますか?」
    「岐路に立つ女性の牾蕕瓩鉢猝し瓩鮴攫造防舛」とある。

    物語は、24才で結婚し、子供が幼稚園に入り、この女性がこれからの人生で何に生活を求め、何に生きがいを求めようとするのか。そんなことが主題である。
    夫は学生時代にラグビーをやっていたという、俗に言う体育会系のサラリーマンである。この夫が、毎日、毎日求めてくるのである。これを妻が絶えられないのである。
    この話題も中心ではないが、かなりのウェートを占めているように思える。マンションの何組もの住人たちが登場してくる。いろんな夫婦の取り合わせで、物語を上手く作ってある。家族で毎週、どこかの家で食材を持ちよって飲み会が行われることが、上手い演出である。ここでの会話や、状況がわかりやすい。
    主人公の女性が、独立を目指し外に出て働くと誘惑があり、同僚のやっかみがあり、又,又大変なのである。
    今時だから、チャットで知り合う心優しい若い男性も登場してくる。


    『これからの人生、全部予想できたの。嫌なことや悲しいことが、これからきっとたくさんあるんだろうけど、でもわたしは目をつぶって、このままずっと電車に揺られていくんだろうって、そう思っていた。電車から飛び降りることなんて考えたこともなかったけど、でも、もしかしたら自分にはほかの人生があるんじゃないか、いまから別の電車に飛び乗っても、やりなおしがきくんじゃないかって・・………。そんな勇気もないのにね 』
    (本文より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM