スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    魚が見た夢  柳 美里

    • 2003.04.05 Saturday
    • 22:38
    魚が見た夢
    魚が見た夢
    柳 美里

    【魚が見た夢】 柳美里 著

    《柳 美里さんに見る人生は》

    久し振りに柳美里さんのエッセイを読んでみた。
    やっぱり、また強烈に僕の頭の中がくらくらしたのを感じた。『 夕暮れ時
      ……・・…
      「人間なんて十六から二十三までの年がなきゃあいいんだ。でなきゃあ、その年のあいだは眠ってりゃあいいんだ。」これはシェイクスピアの『冬物語』の中の羊飼いが吐く台詞。
    十歳のときこの台詞を発見し、まったくその通りだ、と思ったものだが、私は今年の六月には二十五になってしまう。こうなるといっそのこと、五十くらいまで眠っていたいなと思ったりする。
     中学校のころから私が眠りたくなるのは、いつも太陽が引き潮のように窓の外を横切ってゆく夕暮れ時だった。
     夕暮れ時に体を横にすると、なぜか過去のひどい出来事ばかりがパレードのように頭の中を通り過ぎ、私は誰もいない部屋で顔を歪め小さな叫び声をあげる。・・……』(本文より)

    10歳でシェイクスピアとは驚きである。
    僕が10歳のときは、漫画の本しか読んでいなかったような気がする。
    眠りで体がリフレッシュするのはともかく、悩めもすべて解決されていればと近頃は特にそんなふうに思ってしまうのです。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM