スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ぼくらのSEX  橋本 治

    • 2003.02.23 Sunday
    • 00:00
    ぼくらのSEX
    ぼくらのSEX
    橋本 治

    【ぼくらのSEX】 橋本治 著

     病気などに注意すれば、セックスは健康にやればよい、そんなことがエッセイで細かく書いてある。
    最初の項に性は心に生きるで、性はエネルギーであると書いてあるのが印象に残った。
    これを読んで【アラスカ物語】新田次郎 著のなかにアラスカの原住民が遠来の客が来たときに妻と交わり、寒い体を温めるというのである。これを読んだときは、こんなことがと思ったが、性をどう見るかで違ってくるであろう。今はこんな風習もないと思う。

    こんな本を読んでいると、僕も20年後に生まれて来たかった。
    僕のころは、異性交際=不純なようにコントロールされていて、教育、その頃の環境とがなかなか崩されない。
    モラル・道徳とか時代、時代によって変わってきている。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM