スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    少女達がいた街  柴田 よしき

    • 2003.01.27 Monday
    • 23:43
    少女達がいた街
    少女達がいた街
    柴田 よしき


    【少女達がいた街】 柴田よしき 著

    物語は、1975年の渋谷の街にいる女子高校生である。ロックに明け暮れる時代であり、それに合うファッション、たむろできる喫茶店がある。そんな日々が綴ってある。
    1996年からは、事件の謎ときの話になってくる。一人の刑事が1975年に起きた事件を解き明かしていく物語になっていく。
    1975年は、少女たちの恋愛物語、1996年はミステリーな話、その二つがマッチしていく。
    よく作ってあるなと感じてしまう。
    謎解きが一重、二重、三重になっていて、意外な結果になっていくのである。

    『 ノンノは部屋のドアのそばに置いたままだったHOSONOの紙袋を引き寄せ、中から箱を取り出して開けた。緑色の、ロンドンブーツ。

    今は、退学なんかなりたくない。ノンノは、そのブーツを履いてディーブ・パープルのコンサートに出掛ける夜の自分を想像した。あの人はきっと、十五センチも背が高くなったあたしを見て目を丸くするだろう。それだけじゃない、あたしはきっとその夜、赤い口紅を塗って紫色のアイラインをひいているはずだ。
    あの人を、うんと驚かしたい。学校にいる時のあたしとはまるで違うあたしを見せたい、あの人に、あたしがそんなに子供じゃないだってわからせたい。   』(本文より)

    こんな感じで前半の物語が進んでいく。


    『 この世には、二種類の女がいる。母になれる女と、なれない女。
    そしてさらに、別の二種類にも分けられる。胎内に宿った生命を殺すことの出来る女と、出来ない女。
    だがどちらがいいわけでも悪いわけでもない。どちらが正しくてどちらが正しくないというわけでもないのだ。それは単なる、事実に過ぎない。
    しかし、母になれない女であってなおかつ胎内に宿った生命を殺すことの出来ない女は、決して妊娠してはならない。それだけは確かだ。 』(本文より)

    後半の部分の重要な紐解きになる文章である。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 23:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんばんは。
      私は「少女達がいた街」は柴田よしきさんの中で一番好きな作品です。これと「ラストレース」がすごく好きなんです。
      その他に、実はもっと好きなのが「炎都」なんです。映画でもパニックムービー好きで、これは溜まりません!その後に続く延々としたストーリーはいただけないですけど、ありえない怪物が出てくるの好きなんです〜。モンガさんはお読みになりました?
      • じゃじゃまま
      • 2006/11/11 9:14 PM
      こんばんは。
      TB・コメントありがとうございます。
      「少女達がいた街」は、私も好きな作品ですよ。
      「炎都」は、まだ読んでいません、今度読んでみます。
      私は、「ふたたびの虹」というのが気に入っていますが。
      お気に入りに、柴田よしきさんの日記?を入れて時々見ています。
      そこから感じるのは良いお母さんです。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2006/11/12 1:17 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << April 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM