スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ZOO  乙一

    • 2005.01.25 Tuesday
    • 14:50
    ZOO〈1〉
    ZOO〈1〉
    乙一

    【ZOO】 乙一 著  集英社

    《乙一とは、どこからきているのか?》

    あの北上次郎氏が『何なんだこれは。』と書いて
    あり、ヘンな話としながらも誉めているが?
    私には、『何なんだこれは。』はわかるが、その
    ほかはわからない。
    読者は、本を読み勝手にああだ、こうだと言うが
    、いざ逆の立場に立つと書けないのが一般的
    なのだから、あまり文句は言えないと思う。
    読者には、本を選ぶ権利はあるだろうが、作家
    には、読者を選んで書くことはないのだろ。
    それにしても、よくわからない本だったことが
    よくわかった。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 14:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      モンガさん、お引越しお疲れ様でした。
      全部移ってる!すごいです。
      私なんて引越しを宣言してから3ヶ月以上ダラダラとやってました…

      これからもどうぞ宜しくお願いします。
      こんばんは。
      引越しは疲れました。
      1週間でやってしまいましたが、これが良かったのか。
      もう、引越しはやりたくないのですが。
      • ななさんへ
      • 2006/08/06 10:40 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ZOO〈1〉ZOO〈2〉 去年「ZOO」は読んでいるんです。だけど2に書下ろしがあると知って、早速借りました。 1には映画化された話「カザリとヨーコ」「SEVENS ROOMS」「SO-far そ・ふぁー」「陽だまりの詩」「ZOO」と漫画家・古屋兎丸さんとの対談が収録され、2
      • ナナメモ
      • 2006/08/06 9:40 PM
      あちこちのブログを覗いていると「乙一」という文字を良く見かける。どんな文章を書く作家なのだろうとまずはそこから入ってみた。
      • 脳内TraP
      • 2006/12/24 12:14 AM
       やはり乙一さんの筆力は圧倒的なものがあります。私は「冷たい森の白い家」が一番好きです。グロテスクな描写のはずなのに、静謐な雰囲気を醸し出し物語としてはどこかせつないような、そんな感じを受けます。ただグロテスクなだけじゃないのがイイ!  また、「神
      • 本を読もう
      • 2007/05/06 9:11 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM