スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    これを読んだら連絡をください  前川麻子

    • 2005.01.26 Wednesday
    • 14:49
    これを読んだら連絡をください
    これを読んだら連絡をください
    前川麻子


    【これを読んだら連絡をください】 前川麻子 著  光文社

    《どこまでが真実で、嘘か》

    これは、不思議な本だ。
    小説の創作している部分・時間を小説にしている。
    大学の取材を通してしる大学生の恋愛事情など
    が、作家の眼で語られている。
    前川麻子さんの本は、三冊目だが、人生ばなれ
    している感じを受ける。恋多き作家だ。
    作家・俳優・舞台で活躍。
    パソコンで調べると【家族ゲーム】松田優作主演
    の映画にも出演している。

    本の出たしを
      
       考えるより書く方ほうが早いくちだ。喋るより
      書くほうが早く、より真実に近い。
       だが、書いて文字にしたとたん、真実は変質
      する。
       それが誰かの目に触れるとき、私の真実は「
      そう書かれている」という事実となって、文字を
      読む人が持つ意味の中に吸い取られる。そこに
      はすでに、私が「そう書いた」ことの意味すらなく
      、誰かが「こう読んだ」という別の真実に摩り替
      わっている。
       むろん、とうにそれを諦めて小説を書き出した。
      だから、書くことの意味など考えたことがない。
         (本文より)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 14:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM