スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    シルエット  島本 理生

    • 2005.02.08 Tuesday
    • 13:52
    シルエット
    シルエット
    島本 理生

    【シルエット】 島本理生 著  講談社

    2001年群像新人文学賞優秀作受賞作品

     (人を想う痛みとは)


    17歳のデビュー作の清新な感性がきらめくと
    帯文にあるが、なるほどとうなづけるに十分
    な作品である。
    だが、高校生のセックスなどは日常的な一部
    に入ってしまっているのだろうか、バイト、コン
    ビニに行く、映画館に行くなどと変わらない
    感覚に捉えられているようである。それを
    他人との感覚や気持ちの話と言われても、
    どうも分かりかねるところがある。時代、時代
    で異性に思う感覚は、変わってきているのは
    事実だろうが、本来人間が持つ愛情などは、
    そうは変わらないと思いたいのだが。もっと
    重い感情に揺り動かされるところにあるので
    は、身を委ねる意識の軽さが現代においては
    当り前であり、日常的な高校生なのだろうか。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:52
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM