スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    受精  帚木 蓬生

    • 2005.02.14 Monday
    • 13:49
    受精
    受精
    帚木 蓬生


    【受精】 帚木蓬生 著  角川書店

    《裏には、壮大な歴史が》

    人は、何んで本を読むのだろうか?
    素朴な疑問がわいてくるが、その答えは、人
    それぞれに違う答えがあるように思える。ある
    人は、教養に、またある人は、共感を得る為に
    、などなどであるが、わたしは、本の中に別の
    人生があり、それを求めているのかも知れな
    い。

    この本のように460ページで2段書きで、まし
    て、初めての作家の本では、最初の喰い付き
    が、上手くいき流れで読めていくかにかかって
    いる。それでも、読めないときに作戦として、
    大きな声を出して読むようにしている。これの
    繰り返しで前に進んでいく。読破作戦の1つで
    ある。だが、それでも上手くいくと限りませんが。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM