スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ハリガネムシ  吉村 萬壱

    • 2005.02.22 Tuesday
    • 13:41
    ハリガネムシ
    ハリガネムシ
    吉村 萬壱


    【ハリガネムシ】 吉村萬壱 著  文藝春秋
     第129回芥川賞受賞作。

    《欲望という車に乗って》

    駅を降りて、数秒で入れるくらいのスーパーで夕食の
    買い物をしていると、中年のカップルが手を繋いで
    いるのを見かける。私は、こういうカップルを見ると
    どうした訳か、嫌悪感を感じてしまうのだ。無言の
    ままで手を繋ぎ、スーパーにいる、別にどうこう言う
    ことはないのだが。私の気持ちの中に、中年だから
    という感覚はない、中年でもいかにも楽しくてしよう
    がないと言ったカップルには、嫌な感じはしない。
    若いカップルでも、不良っぽい人達は手を繋ぐ光景
    など眼にしたことはない。普通のあやふやなカップル
    が、いかにもという形で手を繋いでいるように見える。
    そこには、信頼という意味ではなく、刹那的だけにと
    いう形で受け取るのだ。こういう感じるのは、個人的
    な偏見だろうか。

    この本のストーリーは、高校教師とソープ嬢との性愛?
    を書いている。ソープ嬢には、服役している夫がおり、
    施設に預けた二人の子供もいる。男の本能とか、欲望
    とか、あるだろうが?

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM