スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    袋小路の男  絲山 秋子

    • 2005.02.26 Saturday
    • 13:37
    袋小路の男
    袋小路の男
    絲山 秋子


    【袋小路の男】 絲山秋子 著  講談社

    《この人の最初の作品を読みたい。》

    家に帰りパソコンを開けて見たら、<WEB本の雑誌>
    の作家の読書道に今回は、絲山秋子さんである。偶然
    なのか、昨日の夜、今日読む本をこの本にするか、
    あと、【神様からひと言】荻原浩、【隣人】重松清に
    するか、迷ってこの本を鞄に突っこんだのだから。

    小学生時代に年間500冊読んだことが載っている
    のには、驚きただ者ではないなどと勝手なことを
    思う。ましてや、今日、麹町から新浦安の行き帰り
    で、この本を読んでしまった。川端康成文学賞を
    取っている作品なので、紅茶など飲みながらゆった
    りとした気分で読まなくては、と思い深く反省する。

    帯には、<現代の純愛小説>とあるが、ちょっと違う
    ように思うが、ならば何というのだろうか。無償の
    愛、これも違うし、何なのだろう。
    私は、オジサンと姪っ子とを描いた「アーリオ オー
    リオ」が好み作品だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM