スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    スパイク  松尾 由美

    • 2005.03.04 Friday
    • 11:36
    スパイク
    スパイク
    松尾 由美


    【スパイク】 松尾由美 著  光文社

    《スパイクという犬の名前の由来は?》

     読書好きなオジサンと話していたら、松本清張氏の
    作品を3冊くらい読むと暗い気持ちになってくるが、も
    う1冊読んだら次の作家にしょうと思うが、又読んで
    しまう、清張は凄いよ、と言っていた。
     最初に読んだ作家が気になりだしたら、続けて読む
    ようになる。何冊か読んでいると、あれーっ同じことが
    書いてあるという事になり、次の作家に移ることにな
    る。でも今の作家は、そんなことが少ないようにも思
    えるのだが、どうでしょうか。

     そういう訳ではないが、松尾由美さんのを前回から
    間を空けずに読んで見た。前回の【雨恋】は、幽霊が
    喋るが、今回の【スパイク】は、犬が喋る。内容は、
    喋れないが、ユニークな設定である。これも映像に
    すれば良い作品だろう。
     犬がメイン?なので、愛犬家にとっては、犬の感情
    ・感覚がわかって楽しめる作品なのかもしれない。
     私は、帯に「恋愛ミステリー」とあり発想には感心
    するのだが、いまひとつ犬の感情がわからないの
    で、こんなのもありなのかと単純に思ってしまう

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 11:36
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM