スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    いま、会いにゆきます  市川 拓司

    • 2005.05.02 Monday
    • 15:48
    いま、会いにゆきます
    いま、会いにゆきます
    市川 拓司


     ★★☆☆☆

     【いま、会いにゆきます】 市川拓司 著  小学館

    《幽霊は雨が好き》

     「見てから読むか、読んでから見るか!」
     昔、角川文庫の宣伝文句だったように思う。映画とタイアップしてというか、自前で角川春樹事務所でやっていた。【人間の証明】【戦国自衛隊】【金田一耕介シリーズ】などがそうである。そんなことを思い浮べた。何か、この本・映画のテレビの映画コマーシャルを見すぎたせいだろうか。映画は、大盛況だったようだ。
     
     亡くなった奥さんが幽霊として出てくる話である。幽霊でも温もりがある?。これには終わりの方に説明もあるが、ジャンプしてきた?わからない。それは、別として近頃読んだ【雨恋】も雨の時間に幽霊として出てくるが、この本も雨の時期に出てくる。雨と幽霊とは関係があるのだろうか?。

     この本は、純真な愛の物語だろう。
    父親と息子が心配で母親が幽霊として戻ってきたのだろうか。この父親が病気持ちなのである。そのために小学生1年生がしっかりしている。
     二人のなりそめの物語でもある。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 15:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM