スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    重力ピエロ  伊坂 幸太郎

    • 2005.05.09 Monday
    • 15:34
    重力ピエロ
    重力ピエロ
    伊坂 幸太郎

     ★★★☆☆

     【重力ピエロ】 伊坂幸太郎 著  新潮社

     《遺伝子?》

     「春が二階から落ちてきた。」で始まり、「春が二階から落ちてきた。」で終わっている。これでわかるように、えらく洒落た文章なのである。春というのは、主人公の弟の名前である。
     こういう文章を書く人は、楽しいんだろうなと感じています。これミステリー?なのか。

     性的なもの、遺伝子、ストーカー、放火事件、落書きの謎?答えは。

     私は、この作家の本を初めて読んだが、こういう文章は苦にならないが、もっと大きいものを題材にしているのか、と思った。たとえば国家だとか、世界だとか、宇宙だとか、そことの精神的のものとかを。この本は、身内なるものだったからだ。それはそれでよいのだが。2つ目を読んでみてみよう。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 15:34
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      仙台の某書店で伊坂幸太郎氏を見かけたことがある。 私は文庫本を物色しながら、ちらりと隣の客を見て、「どこかで見たような顔」と思ったけど、そのときは思い出せなくて。 あとから思い出した。 あの人、伊坂幸太
      • ぱんどら日記
      • 2006/09/20 10:30 AM
      【重力ピエロ】文庫化記念。 伊坂幸太郎5回目の直木賞ノミネート記念。 ダブル記念の妄想キャスティング。 遺伝子を扱う会社につとめている「泉水」(いずみ)には、小出恵介。 その弟の「春」には、
      • ぱんどら日記
      • 2006/09/20 10:30 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM