スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    嗤う闇  乃南アサ

    • 2005.05.18 Wednesday
    • 13:58
    嗤う闇
    嗤う闇
    乃南アサ


     ★★★☆☆

     【嗤う闇】 乃南アサ 著  新潮社

     ご存知・女刑事・音道貴子。短編シリーズ第三弾!
     【鎖】という作品、百科事典みたいに厚い長編の音道貴子・女刑事を読んだのは、2年前だったかと思う。短編シーリーズが出ていたのか?今回は、巡査部長に昇進し、隅田川東署に異動している。巡査部長といっても34歳である。
     
     「その夜の二人」
     「残りの春」
     「木綿の部屋」
     「嗤う闇」    4編

     どれも人情物の作品だ。
     「木綿の部屋」は、刑事の結婚した娘を思う心が妙に哀しい。娘は親の反対して結婚したが、愛情は、続かないのだ。そこで女刑事・バツイチ・音道貴子は、何を感じたか。

     他3篇は、事件に関わる物語だ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:58
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM