スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    恋愛写真―もうひとつの物語  市川 拓司

    • 2005.05.22 Sunday
    • 13:51
    恋愛写真―もうひとつの物語
    恋愛写真―もうひとつの物語
    市川 拓司

     ★★★☆☆

     【恋愛寫真 もうひとつの物語】 市川拓司 著  小学館

     この作品は、若い女性には泣けるんでしょうね。
     エピローグの話のもっていき方がうまいです。恋愛写真という題名も最後で納得しましたが、この場面は文章が映画には勝てないかなーと思いました。大学生の恋愛・片思い?の物語です。ようやく恋が成就したのだが、彼女はいなくなった、何故……。

     「初めての恋が彼女たちを大人にしたの。愛することによって成長をして、成熟する。そして束の間の青年期を終えると、その季節を知ることなく足早に去ってしまうーー」
     「これは病気と言うより、ひとつの生き方なのよ。彼女たちはこうやって生きていくの。生まれて、恋とともに成長して、そして短い生を終える。蜻蛉の生き方を病気だとは言わないように。そうでしょう?彼女も彼女なりの生き方で人生を全うしたのよ」(本文抜粋)

     人間の恋愛があって、死があると、どんな作品でも切なく哀しくなります。

     

     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 13:51
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM