スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    男は敵、女はもっと敵  山本 幸久

    • 2006.06.19 Monday
    • 21:12
    男は敵、女はもっと敵
    男は敵、女はもっと敵
    山本 幸久

    140 ★★★☆☆
    【男は敵、女はもっと敵】 山本幸久 著  マガジンハウス

    《都会の女性は、逞しい、男は、……。》

    ( 著者からの内容紹介より)
     フリーの映画宣伝マン・高坂藍子36歳。長身、美貌、才覚で男をひきつけてきたが・・。結婚、離婚、不倫あり。その相手やその別れた妻などかかわった人たちが語るちょっぴり哀しく、おもしろオカシイ6つの連作小説。続々と刊行が続いている、今注目の作家の最新作。


     都会的にある職業、都会的な生活感、そこにいる・働く女たちの話。
     この作家がいた業界なのだろうか、そこで働く人たちがちょっとリアルに書かれている気がした。
     結婚・恋愛が何かベトベトせず、あっさりとした感じで書かれている。  実際は、ドロドロした心のうちだろうが、あっさりだろうが、ベトベトだろうが、時だけが流れていき、何かに動かされて、治まっていく。不思議な現代の都会的恋愛事情?か。
     もちろん連作小説なのだから、女を取巻く男たちも出て来る。
     「敵の女」、「Aクラスの女」、「本気の女」、「都合のいい女」、「昔の女」、「不適の女」の6篇。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      結構藍子という女性好きです。
      藍子を取り巻く人間たちが次々に出てきて、飽きなかったです。
      • じゃじゃまま
      • 2006/09/05 2:04 PM
      こんばんは。
      TB・コメントありがとうございます。
      都会的な感じの物語っぽいものでした。
      • じゃじゃままさんへ
      • 2006/09/05 11:12 PM
      山本幸久さんの作品では、「笑う招き猫」や「幸福ロケット」のような読後感の良い作品がすきなんですが、この作品はちょっと違う路線でしたね。
      藍子よりも、西村の元妻・八重さんが私は好きでした。
      こんばんは。
      私も、「笑う招き猫」や「幸福ロケット」の方が好みです。「はなうた日和」「凸凹デイズ」を早く読みたいのですが。
      • エビノートさんへ
      • 2006/09/20 11:12 PM
      こんにちは。
      ゆっくりですが、山本さんは読み続けてます。
      残すは、「笑う招き猫」「凸凹デイズ」と新刊です。

      西村のアホな転落人生が面白かった!
      こんにちは、しんちゃん。
      「笑う招き猫」が最初の作品で、そのあと空いて、
      いろいろ出てきましたが、「幸福ロケット」が、
      いいなー。
      • しんちゃんへ
      • 2007/11/22 12:24 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      連作短編集。どれもサクサク読めた。 高坂藍子。かなり仕事のできる女。しかも見た目も相当いいらしい。 不倫の挙句、なかなか離婚しない男へのあてつけで、どれをとっても見劣りする男と結婚する。 そして、離婚。 元夫の婚約者との再会、それまでは、あてつけで冴えな
      • じゃじゃままブックレビュー
      • 2006/09/05 2:03 PM
      男は敵、女はもっと敵 ≪内容≫ 才色兼備でAクラスの女、高坂藍子36歳。 元夫、不倫相手、さらにその妻にその息子…。 台風の目のようなひとりの女と、彼女をめぐる普通すぎる人々を描く、ちょっぴり哀しく、おもしろオカシイ6つの連作小説。 (MARCデー
      • まったり読書日記
      • 2006/09/20 9:41 PM
      男は敵、女はもっと敵山本 幸久 (2006/02/23)マガジンハウス この商品の詳細を見る 三十六歳のバツイチだけどスタイル抜群のいい女、高坂藍子。フリーの映画宣伝マンとしてバリバリ働く彼女を中心に、彼女をめぐる人々を描いた
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/11/21 4:45 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM