スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    安政五年の大脱走  五十嵐 貴久

    • 2005.06.27 Monday
    • 11:02
    安政五年の大脱走
    安政五年の大脱走
    五十嵐 貴久


    123 ★★★★☆
     【安政五年の大脱走】 五十嵐貴久 著  幻冬舎

     五十嵐作品は、面白い、実に面白いのだ。

     物語を読むと引き込まれしまい、先、先と読み進んでいくのだ。
     今度の作品は、時代劇で、あの井伊直弼を題材にしている。
     井伊直弼と言えば「安政の大獄」を断行し、「桜田門外の変」で亡くなったということぐらい知らないが、この本では地位を利用するやり方は悪代官なみである。


     安政五年、井伊直弼に謀られ、津和野藩士51人と、美しく才気
     あふれる姫・美雪が脱出不可能な絖神岳山頂に幽閉された。直
     弼の要求は姫の「心」、与えられた時間は1カ月。刀を奪われ、
     逃げ道をふさがれた男たちは、穴を掘り始めた。しかし、極限
     状態での作業は困難を極め、期限は迫る。そして、ついに出口
     が見えたかと思ったが、その時……。(帯文より)


     「海からも逃げられぬ、
     山からも逃げられぬ
     ならば、土を掘れ´」(帯文より)


     姫を慕う藩士の誇りがあっという奇蹟を呼ぶ。
     この先を知るには、読むべしなのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 11:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      どうも、五十嵐貴久です。本人だったりします。
      感想、どうもありがとうございます。
      さて、そんなこんなで私の新刊「パパとムスメの7日間」が、このたび朝日新聞社から発売されました!47歳のパパと、17歳のムスメの体と心が入れ替わって起きる大騒動を描いた話でございます。よかったら、試しに読んでみていただければ嬉しいです。ではでは。五十嵐貴久でした。
      • 2006/10/11 7:18 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM