スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    雪沼とその周辺  堀江 敏幸

    • 2005.06.30 Thursday
    • 10:58
    雪沼とその周辺
    雪沼とその周辺
    堀江 敏幸

    125 ★★★★☆
     【雪沼とその周辺】 堀江敏幸 著  新潮社
     谷崎潤一郎賞受賞 川端康成文学賞受賞 木山捷平文学賞受賞

    《堀江作品を初めて読む》

     良い読書に適した本にも2種類ある。一つは、ぐいぐいと先を読ませるものと、もう一つは、ゆったりとした気分で読ませるものとが。もちろん、この本は、あとの方でページを繰るのが大袈裟であるがもったいないほどに感じるのだ。穏やかで静かな文章であるのに確実に、主人公の人生が描かれているのだ。


     評判が良いので、一度読んでみたかった作家である。
     評判にたぐわないくらいに良かった。
     こんな文章を書く作家もいたのか、と感心させられた。


     雪沼の地域に暮らす人々が、真面目でまっとうな生活・人生が<下線>さらり、さらりとしてしっかりと書かれている。七つの章のどれをとってもゆったりとしたなかにも、主人公たちが歩んできた確かな人生が浮かんでくるようでもあるのだ。何か、日常がこんなに温かみがあり、ちょっと豊かな気持ちにさせられる作品だ。


     デッキチェアの椅子に揺られながら、ゆったりとした気分で読みたい作品である。


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 10:58
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM