スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―  よしもと ばなな

    • 2005.07.09 Saturday
    • 21:03
    王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―
    王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―
    よしもと ばなな

    130 ★★★☆☆
     【王国 その1アンドロメダ・ハイツ】 よしもとばなな 著  新潮社

     この本から、[吉本ばなな]から[よしもとばなな]にペンネームを変えている。

     今日みたいな日に読む作家を探していたら、やっぱりこの人しか浮んでこなっかた。朝から曇天で午後からは雨が降り出し、夕方からは雨脚がすごいことになってきた。都会の雨は、ちょっと降り出すといつの間にか、小さい川が氾濫してしまう。最近は、田舎でも都会と同じようになってしまっている。森林地帯が開発され、だんだんと都会化されてきたからだろう。

     この物語は、おばあさんと二人で山で暮らしていた主人公の少女が町に下りてきて、占い師のアシスタントになる話である。おばあさんは、ネットで通じ合った人の住むマルタ島に行く。そのおばあさんの言葉がある。

     「それにいつかきっと大きな意味で、うまくいく日も来るよ。人のいるところには必ず最低のものと同時に最高のものもあるの。憎むことにエネルギーを無駄使いしてはいけない。最高のものを探し続けなさい。流れに身をまかせて、謙虚でいなさい。そして、山に教わったことを大切にして、いつでも人々を助けなさい。憎しみは、無差別に雫石の細胞までも傷つけてしまう。」(本文より)


     占い師・楓とそのパトロン・片岡、サボテン公園職員・野村真一郎のかかわりは、人間社会と、そこを取り巻く限りない宇宙観、それは山の自然だったり、植物のあふれる生態だったりする。主人公・雫石は、そんな環境で何を感じて生きているのか。よしもとワールドは、まだまだ奥深く、ちょっと入り口に辿り着いただけなような気がする。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:03
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      人里離れた山奥で、薬草茶の販売をしながら暮らしていたおばあさんと女の子・雫石。 雫石が18歳になった時に、一人で都会へ移り住むことになった。 そこで出会った目の不自由な占い師の青年や、不倫相手となる男性との関係を瑞々しく繊細に描く。 癒しや愛情という目
      • かみさまの贈りもの〜読書日記〜
      • 2007/01/21 1:49 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << March 2020 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM