スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    灰色の北壁  真保 裕一

    • 2005.07.13 Wednesday
    • 18:32
    灰色の北壁
    灰色の北壁
    真保 裕一


    133 ★★★☆☆
     【灰色の北壁】 真保裕一 著  講談社
     
     「黒部の羆」
     「灰色の北壁」
     「雪の慰霊碑」

     現在は、中高年の登山ブームだと言う。この本にも、こんな一文が出ている。

     中高年の登山者が増えるのも無理はない、と思った。人生のピークを超えてしまい、家にも会社にも居場所を見出せない者が多いのだ。せめて大自然の中に身を置くことで、生きている実感を得たいと願う、切実なる動機がひそんでいる。(本文より) 

     
     ある意味当たっていると思うが、今は男性より女性の方が多いように思うとき、女性は居場所を見出せないのではなく、自然の中に身を置くことの方がより多いのではと思うのですが。

     3篇とも、山の偉大さと人間の死の対比を描いているようでもある。
     私など山登りと言っても軽装で行くのしか想像できないが、ここで書かれているのは、冬山の本格的なものである。私も登山家を知っているが、正月はいつもその人は冬山を登っていた。正月、その人を見かけた、そしてその人の奥さんに会ったら、今年の正月はニュースを真面目に見なくてもよいから、ほっとしてます、と言っていた。いつも、死と隣りあわせなのだ。
     
     山岳小説と言えば、昔は新田次郎作品と決まっていた。【孤高の人】を読んでエラク感動した日を思い出す。加藤文太郎の実話で庭で野宿したり、リュクに石を入れて背負ったりの場面が思い出されるのだ。これらの作品を読んで山への思いを膨らませていた時代だった。
    でも、東京一高い山、雲取山に登ったのがせいぜいだった。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM