スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    カレーライフ  竹内 真

    • 2005.07.19 Tuesday
    • 18:26
    カレーライフ
    カレーライフ
    竹内 真


    136 ★★★☆☆
     【カレーライフ】 竹内真 著  集英社

    《カレーライス》

     それでも僕は、カレーライスが大好きだ。
     人は死ぬものなのだと知ったのは、カレーライスを食べた後だった。
     その死が僕とカレーを結びつけ、もう一つの死が僕の背中を押した。
     長く奇妙なその旅に、僕の平穏な生活は丸ごとのみ込まれていった。
     それでも僕は、カレーライスが大好きだ。
     カレーライスを作る時、無闇やたらと幸せな気分になることがある。
     僕らみんなが、何か大きなものに包まれているような気がするのだ。    (帯文より)

     <大>表紙からカレー色で、内容もカレーの大盛で食べてがまだ明日分までカレーがたっぷり残っているといった感じの本だ。祖父が洋食屋をやっていて、お盆の孫にカレーライスを食べるのが毎年の行事だったが、そんな日に祖父が亡くなった。その時、5人の孫がいた。二十歳前にして、主人公・ケンスケの親父が癌で亡くなる。親父は祖父の洋食屋を買い戻してくれていた。親父はケンスケが調理学校を出てカレー屋をやると思っていたのだ。それから、カレーの旅が始まるのだ。富士5湖、アメリカ、インド、沖縄を廻ってカレーの研究?するのだが。青春小説だ。特にインドの部分がやはり印象に残って良い。

     カレーの歴史から、スパイスのあれこれから、カレーについて一杯出てくる。勿論、5人のいとこたちの話や、祖父の話を織り交ぜてある。店が始まる前で終わっているが、折角ならば店が始まってからの物語も興味があるのだが。それにしても長い、2段書きの460ページは、なかなか先に進まないのだ。どうにか、面白いので読むことが出来た。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM