スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    遮光  中村文則

    • 2006.07.20 Thursday
    • 00:00
    遮光
    遮光
    中村 文則

    169 ★★★☆☆

    《芥川賞、若い人のちょっと青くさい匂いがする作品》

    内容(「BOOK」データベースより)
    愛する者を失った「私」は、他人が知れば驚愕するような、ある物を持ち歩いている。しかし、それは狂気なのか―新世代作家の鋭利な意識が陰影濃く描き上げた喪失と愛の物語。芥川賞候補作。
     

     失った恋人の指をホルマリン液に浸した瓶を持ち歩く主人公。
     現実からいなくなった彼女を自分で処理できない心情、この感情をどこにぶつけてよいものか、愛しい人よ、どこへ行ったのだ。苦悩する感情を描く作品だ。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
       「つき指の読書日記」は下記の方へ移設しました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

         http://plaza.rakuten.co.jp/tukiyubi1
      了解しました。
      • つき指さんへ
      • 2008/05/09 6:28 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      < 死体損壊とカニバリズム > 中村文則氏のデビュー作「銃」に引き続き、本書も大いに期待を持ちつつ・・・冷静に読破した。 またしても、登場するのは、最も嫌いで苦手な主人公だ。その性格は陰鬱で利己主義で、他人に本心を曝け出さない、いつも必ずどこか
      • 雑板屋
      • 2007/05/16 1:50 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM