スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    セイジ  辻内 智貴

    • 2005.07.27 Wednesday
    • 18:13
    セイジ
    セイジ
    辻内 智貴


    143 ★★★★☆
     【セイジ】 辻内智貴 著  筑摩書房

      「セイジ」
      「竜二」 2編

     「身近な人、親しい人が悲しみに打ちひしがれ、苦しんでいる時、
     自分はどうすればよいのでしょう?無力感にさいなまれるか、他人の
     事として無視するか、どこにも解決の道はありません。この小説の
     『落ち』には『無茶だ』『ありえない』と批判もあるかもしれませんが、
     人の苦しみを見て、それを自分の事のように共有したい、その不器用
     さと一途さに、必ず胸を打たれるはずです」
      (オリオン書房ノルテ店・白川浩介さん)(帯文より)


     どこにもいる、何か訳ありで物静かな人が過去に背負ったものがあるのでしょうか。そんな人が[セイジ]です。社会では不器用にしか生きられないのです。人間は何の為に生きるのか、こんな事が命題として出てきます。この物語に、その答えはあるのでしょうか、多分どこかにヒントがあるかもしれませんが、わからないでしょう。何回か読み直すと出てくるかもしれませんよ。だったら、読むべし、読むべしなのだ。

     「竜二」は、母を想う心、兄を想う心がしみじみと感じられる作品だ。
     

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      まず『セイジ』から紹介したいと思う。 この本は私が始めてよんだ小説。 正直こんなに本にのめりこむとは思わなかった。 小説の中であって架空の人物だが、 セイジという人を通じて、こんな考え方も世の中にはあるんだ。 ということを思い知らされた。 「セイジは陸
      • しーら書房+建築な人々。
      • 2007/01/01 9:37 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM