スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    Fake  五十嵐 貴久

    • 2005.07.30 Saturday
    • 18:08
    Fake
    Fake
    五十嵐 貴久


    146 ★★★☆☆
     【Feke フェイク】 五十嵐貴久 著  幻冬舎

     五十嵐貴久作品 持っているもの一覧

     【リカ】  幻冬舎 △
     【交渉人】   新潮社 ○
     【1985年の奇跡】  双葉社 △
     【安政五年の大脱走】  幻冬舎 ○
     【Feke フェイク】  幻冬舎 △

     今回の作品は、ちょっと?でした。
     コンゲーム小説は、場面がわからないと理解しずらいのがある。ポーカーゲームがイマイチどんなものかがわからないので、その迫力が感じることが出来ないのだ。ポーカーでの大一番がわからないと、この本も面白さも半減になる。

     この作品は、映像で見る方が、ゲームの心理作戦・心理状態が出てきて楽しく出てくる気がした。最後の場面がどんなことで読者をあっと言わせてくれるか期待したが、うーん、ちょっとなーと言った気になった。五十嵐作品を初めて読む人には、最後に嵌められてしまうだろうが、五十嵐作品を何冊か読んでいる人にとっては残り少ないページにどんなことが起きるかを期待しているのだ。でも、五十嵐作品は楽しい、一気に読まずにはいられなくなる。これは良いことか、体的には良くないのだ。時間が過ぎても読んでしまうのだ。生活習慣を壊し、体を壊すことにもなりかねない。それでも五十嵐作品を読みたくなるのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM