スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ぼんくら  宮部 みゆき

    • 2005.08.03 Wednesday
    • 18:04
    ぼんくら
    ぼんくら
    宮部 みゆき


    148 ★★★★☆
     【ぼんくら】 宮部みゆき 著  講談社

     いやー、面白かった。
     宮部さんのは、一杯本を持っているのに読んでいない。何故か、わからないが。ちょっと評判の高い、この本を読んでみた。

     この作品の面白さは、謎解きもそうだが出てくるキャラクターが楽しいのである。特に美男子?弓之助、記憶装置絶大のおでこなどである。
     鉄瓶長屋で起きる殺人事件。その裏には、壮絶?壮大なドラマが?同心・井筒平四郎が仲間通してあばいていくのだ。色恋は、ほどほどにという結論なのか。(変なまとめだ)

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 18:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは〜^^
      宮部さんの時代小説を初めて読みました。
      いや〜面白かったですね〜^^
      キャラクターがどれもきっと個性的で面白いんでしょうね〜。
      やっぱり私は弓之助ですかね。
      頭がよくって度胸もあって測るのが大好きで。
      でも、おねしょが直らないという子どもの面もちゃんと持ってて^^
      かわいらしいなぁと思います。
      「日暮らし」でも、平四郎と弓之助のコンビなんですよね。
      読んでみたいと思います。
      こんばんは。
      TB・コメントありがとうございます。
      この本は、面白かったですね。
      弓之助、おでこが抜群でした。
      私も、「日暮し」読みたいが読んでないです。
      • 苗坊さんへ
      • 2006/09/04 6:30 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ぼんくら オススメ! 「殺し屋」 深川北町に、鉄瓶長屋と言う変わった名前の長屋がある。 そこで、八百富の太助が何者かに殺される。妹のお露は、犯人の姿を見たという。 下手人は、以前差配の久兵衛を逆恨みして襲ってきた正次郎だという。しかし、その話には、納
      • 苗坊の読書日記
      • 2006/09/04 1:58 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM