スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    おんみつ蜜姫  米村 圭伍

    • 2005.08.28 Sunday
    • 16:19
    おんみつ蜜姫
    おんみつ蜜姫
    米村 圭伍

     166 ★★★☆☆
     【おんみつ蜜姫】 米村圭伍 著  新潮社

     ちょっと読むのも、しんどくなってきた。
     乃南さんの【駆けこみ交番】も30ページくらいで止めてしまった。普通なら読める作家さんと思っていたから、うーんと唸るばかりなのです。やはり、ちょっと疲れぎみなのか。こんなときは休憩すればよいのだが、電車の中で間が持たない。仕方なしに積本の中をあさっていたら、この本が出てきました。時代もの、読めるだろうか、と思って手に取ったら、これがなかなかに面白いのだ。


     何か、この本は変わっている。
     講談調?ではないが、読みやすい語り口で書いてある。まるで、映画の一シーンを見ているようである。新聞に連載されていたので飽きさせない筋書きである。これを楽しみに新聞が届くのを待っていた人も多かったのでは、と思った。
     
     あらすじは、蜜姫・九州豊後温水藩の末娘が、小藩の合併に立ちはだかる正体不明の刺客、巨大な陰謀に向かっていくのだ。海賊、武田忍びの者、尾張柳生、そして徳川天一坊ら次々と現れる難敵相手に四国、備前、尾張、江戸……行脚はつづく。蜜姫の一太刀は悪を正し、明日を切り開けるのか。(これは、帯文をそのままだ)


     暴れん坊将軍・徳川吉宗も出てくる、南町奉行大岡越前守忠相も出てきたり、もっとよいのは歴史の裏側まで書いてあり、大変にわかりやすいのだ。登場人物も母・甲府御前、笛吹夕介・武田忍び?、五平、雲吉など多彩で多才なのである。おーっと忘れてはいけないのが忍び猫・タマである。忍び猫・タマの活躍なしでは、蜜姫も事件を解決出来ないのだ。

      

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 16:19
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM