スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    嘘をもうひとつだけ  東野 圭吾

    • 2005.09.06 Tuesday
    • 15:52
    嘘をもうひとつだけ
    嘘をもうひとつだけ
    東野 圭吾


    172 ★★★☆☆
     【嘘をもうひとつだけ】 東野圭吾 著  講談社

     「嘘をもうひとつだけ」
     「冷たい灼熱」
     「第二の希望」
     「狂った計算」
     「友の助言」   5篇


     加賀刑事が、各事件の犯行を解き明かしていく物語だ。
     刑事コロンボか、古畑任三郎なみ推理?なのである。
     犯行に至るには、どんな思いがあるのか。


     ミステリーは、後だしで少しずつ犯行・犯人に結びつく内容が出てくるのだが、これがすんなりと頭に入ってくれば良いが、『なんーだそんなことなの!』となれば、やはりミステリーは読めないのだ。ミステリーも書き方が難しいのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 15:52
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM