スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ボディ・アンド・ソウル  古川 日出男

    • 2005.09.14 Wednesday
    • 15:40
    ボディ・アンド・ソウル
    ボディ・アンド・ソウル
    古川 日出男


    178 ★★★☆☆
      【ボディ・アンド・ソウル】 古川日出男 著  双葉社

     荻窪駅を降りる。
    大きめの古本屋に入る。入るとツーンと鼻に付く匂い。マンガ本棚の通路を行く。どデカイ女が通路を塞いでいる。無駄に太っているいますね、と言ってみるか。言えない。しかたなしに引き返し迂回する。この時間の消費を無駄太りの女は知っているのか。
     
     文庫本を丹念に見ていく。目新しいものがない。一杯あるが目に見えないだけだ。ウひゃーは、古川日出男だ。後光が射しているようにはっきり見える。会社の帰り、パソコンでWEB雑誌の本を見た。おまけに作家道を見てしまった。《古川日出男 先生》だ。好きな作家、《村上春樹 大先生》。1日の行動も朝方、村上春樹型。このとき、BODY AND SOULを見た。見てしまった。
     本を本棚から取ってみる。いきなり155ページ。神楽坂、甘味処・紀の善が目に飛び込む。《紀の善》抹茶ババロアだ。神楽坂は、僕の心の故郷なのです。うーん、俺の神経がこの本を買うことを予期している。東京に来て、五年も神楽坂を上り下りした。一応、5+3はと問いかける。8と答える。正常だ。何が正常だ。
     

     この本の書き方で書いてみた。似てない、少し似ている、ちょっとは似ている。誰かが判断するだろう。
     この本は、フルカワヒデオの行動・思考なの。日記。ソウル、魂の叫び。作家道で読んだ、演劇の本を書いていた。そうそなのだ。文章の羅列。羅列。面白い、わからない、わからない、ほとんどわからない。

     文藝春秋出版局・佐藤洋一郎、角川書店書籍事業部・郡司珠子、集英社「小説すばる」編集部・羽喰涼子、講談社「小説現代」編集部・高橋典彦なる人が出てくるが本名だろうか。
     
     好きな人には、たまらなく楽しい本だろうなあー。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 15:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM