スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    殴られ屋の女神  池永 陽

    • 2005.10.05 Wednesday
    • 22:10
    殴られ屋の女神
    殴られ屋の女神
    池永 陽


    193  ★★★☆☆

     【殴られ屋の女神】 池永陽 著  徳間書店

     昨今は、格闘技ブームである。
    ここ何年かブームが続いている。K1、プライド等々。人と人が殴り合い、それを見て楽しむ。観客は、昂揚し、血が湧き上がって体内を駆け巡る。我を忘れてしまっている。人間のもって生まれた宿命なのだろうか。哀れな人間たちなのだ。虚しいことだ。そういう私もテレビを見て、多少とも興奮している自分がいる。悲しいことなのもかもしれない。

     【殴られ屋の女神】をどこかのブログに、この本を読む前まで【殴れ屋の女房】と思っていたと言うことが載っていたが、私も全く同じ思いをしていた。その思いの内容は違うのだが、そのブログでは弱い男の健気なカミサンということだが、私は殴られ屋の奥さんのことを書いてあるのか、と思っていた。この本の中味はちょっと違うのだが。
     この殴られ屋というのは、話題になってニュースか何かになって知っていた。これを題材にして物語が出来たなのだろうか。

     会社をリストラされ、妻に逃げられた主人公が恵比寿駅前に殴れ屋として立っている。「一発1000円、女性は半額、一発KOには十万円進呈!」。当然、学生時代にボクシングの経験があるからだ。
     ここを訪れるお客を通して物語が進んでいく。主人公・須崎とマンションの居候先の若者・豊のことも書かれている。
     人を殴りにくるお客はどんな人たちか、ストレスが満タンになった人か、そこには何かにとりつかれた人たちだった。
     作品としては面白く読んで感じることがあるのだが、読んだ後何だか哀しいのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:10
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM