スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ストロボ  真保 裕一

    • 2005.10.11 Tuesday
    • 21:59
    ストロボ
    ストロボ
    真保 裕一

     199 ★★★★★
     【ストロボ】 真保裕一 著  新潮社

     「遺影……五十歳」
     「暗室……四十二歳」
     「ストロボ……三十七歳」
     「一瞬……三十一歳」
     「卒業写真……二十二歳」

     写真は、実に素直に現実という回答を写すものだ。
     どんなに若いと思っていても写真は、否が応でも老けた年相応な結果を出して、現実を映し出してくれる。そして、写真は撮る人の心構えもわかるのだ。
     だが写真を少しでも学ぶと現実が変わってきてくるのだ。たとえば女性を撮るときは、顔の皺が出ないように絞りを上げて、被写体にも光を当てるようにする。それが男性を撮るときは、逆に皺を出して精悍な感じにする。
     又、写真は、朝と昼では色の具合が全く異なるのだ。太陽の影響があるからだ。自然の草花を撮るときは、朝一番のときが良いようだ。朝の柔らかい光で草花が生き生きとして撮れるからだ。写真を勉強すると自然も身近になってくるものだ。
     写真を撮る人の技量が同じならば、どれだけ被写体に愛情が注がれるかで、確実に現像された結果が違ってくる。愛情があればあるほどに写真に深みが溢れてるのだ。

     この本は、カメラマン・喜多川光司(北川浩二)の、そのときどきにスポットを当てて物語が語られている。写真と人生の話であり、真保さんの作品としては深みが感じられるのだ。でも沢山の本を読んでいる訳ではないからエラソウには言えないが。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM