スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    牛乳アンタッチャブル  戸梶 圭太

    • 2005.10.15 Saturday
    • 21:57
    牛乳アンタッチャブル
    牛乳アンタッチャブル
    戸梶 圭太  


     201 ★★★☆☆

    【牛乳アンタッチャブル】 戸梶圭太 著  双葉社

     最近、会社はそう倒産してないように見えているが、でも、どんどんと会社は潰れているのが現状である。大抵の会社が銀行の影響下に置かれている。要するに借金があるからである。ある会社が何かのスキャンダルを起こせば、マスメディアが騒ぎ出したら、もうその会社は存続しなくなる。これようがなしに銀行が手を引くからだ。銀行も健全でないので企業のスキャンダルを待っている節もあるような気がする。
     マスメディアも自社の不祥事は左程報道しないが、他企業であれば正義の味方ごとき報道するのである。この前の衆議院選挙もマスメディアの影響が大きいと言われている。報道というのは怖い存在だ。

     この本は、何年前に起きた食中毒事件・某Y印企業をパロデイー化したものだ。企業名も雲印乳業になっている。ストーリーは、オジイサンの腹痛から始まり、会社の対応を、社長、役員、工場長、工場関係者、会社関係者の胸の内を書いている。特別調査チームのメンバーの選び方などは、面白くてたまらないが、後半はヤリスギな感じだ。戸梶作品は、初挑戦なのでよくわからないが。

     社内倫理と社会倫理との違いが、どこの会社でも起こりうることだ。そこで起きる摩擦が大きいほど会社は成り立たないのか、と書いているが。

     最後に55歳、雲印に入社して三十七年の汚染されていた無許可の再処理ラインを担当していた人間の言葉は、… 


    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 21:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      たしかに後半は、やりすぎの感もありました。でも、正論も吐いてるし、シビアだし、逆にあそこまでやらなければ妙に生々しいものになってしまったかも・・とも、思いました。
      私もこれが初戸梶さんなのですが、すごいものを読んだという感じです(笑)。
      • june
      • 2006/09/08 10:38 PM
      こんばんは。
      そう、正論なんで大変なんです。
      社会は、建前でしか動いていないのか。
      でも、楽しくて面白い?のです。
      • juneさんへ
      • 2006/09/08 11:34 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      【またしても個人的人前読書厳禁本】 食中毒!!!「寝てんじゃねーよ。経営陣」牛乳会社雲印(くもじるし)を突然襲った、大地震!無能な経営陣を倒すため、社員たちは、決起する!! これぞ、抱腹絶倒絶叫のサラリーマンバトル! 嗚呼〜面白かったあ〜(溜息) 実
      • 雑板屋
      • 2006/09/08 9:05 PM
      牛乳アンタッチャブル これ、いいの?危なくない??と思いつつも、ここまで突き抜けるとまぁいいかと思えてきます。おもしろかったんですが、趣味を疑われそうで、人には薦めにくくはあります(笑)。 牛乳会社を突然襲った、大地震!無能な経営陣を倒すため、社
      • 本のある生活
      • 2006/09/08 10:38 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM