スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    エレキ源内 殺しからくり  米村 圭伍

    • 2006.06.30 Friday
    • 22:53
    エレキ源内 殺しからくり
    エレキ源内 殺しからくり
    米村 圭伍

    150 ★★★☆☆
    【エレキ源内殺しからくり】 米村圭伍 著  集英社

    《読んでいて、楽しくなる時代小説なのだ。》

    (著者からの内容紹介より)
     平賀源内の遺した秘宝が巻き起こす陰謀!
     第十代将軍徳川家治の嫡子、家基の不可解な死を発端に起こる暗闘、陰謀。平賀源内の遺した秘宝をめぐって、源内の娘・つばめ、大田直次郎、謎の一団が繰り広げる奇想天外な、書き下ろし時代長編。


    面白い、大活動写真劇映画を見る思いだ。
     米村作品は、まだ2冊目だが、読んでいてほのぼのする時代小説だ。
     源内というのが題名に付いているので、平賀源内が主人公かと思ったが源内の娘が主人公の話だった。まあ、源内の残したものが話しの元であるのだが。
     時代小説にこんな文章の書き方もあるのか、と思わせる。読んで読みやすい、と言うか親しみやすいのだ。
     面白い、面白い。米村作品は、くせになるほど面白い。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 22:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM