スポンサーサイト

  • 2013.07.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    この本が、世界に存在することに  角田 光代

    • 2005.10.29 Saturday
    • 20:41
    この本が、世界に存在することに
    この本が、世界に存在することに
    角田 光代

    212  ★★★☆☆
    【この本が、世界に存在することに】 角田光代 著  メディアファクトリー

     本に纏わる9編からなる短編集。
      読書をしている割には、自分にとっての本は何んだろうか、と言うのは書けないものだ。ここでいう本の定義をどこにするかで大分違ってくるような気がする。専門書・趣味本などでは、必然性が伴うものだ。だが、小説などは、これを読む、読まないは、個人の自由だし、それで明日が変わると訳でもなく、心うちがちょっとだけ豊になるのを感じるほどのものかも知れない。どんな人間だって、生きている間に本・小説に蜜月になるときが必ずあると私は思うが。それが、人生に思い悩むときか、希望に溢れるときかで、本・小説の持つ意味合いが違ってくるだろう。読書も不思議なもので、じっくりと文章を読んだもの本は、いつまでも心のどこかに住み着いているが、だらだらと読んだものは、どこにも何も残っていない。読書も正直なものだ。では、この本はどうかと言うと、気にいったところを2回読み返したのだから、どこかに残るのだろう。

     「ミツザワ書店」「旅する本」「手紙」「さがしもの」など、本と人間の位置関係が巧く、真面目な気持ちで読む時間をもった。特に「ミツザワ書店」が良い。店主・おばあさんの姿が目に浮かぶのだ。

     短編集のいくつかは、カップルと本とを位置づけている物語だ。が、筆者のあとがきに書いてある、スポーツする、ゲームをする、レストランでおいしいものを食べるなどなどの行為と本を読む行為とはすこし特殊で個人的であると書いてある。それは、だれかと一対一で交際するのと同じだと書いている。どうも、この最後の部分に引掛かってしまうのだ。

    スポンサーサイト

    • 2013.07.17 Wednesday
    • 20:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
       こんばんは♪
       TBどうもありがとうございました。

       本を読む行為、たしかに他の行動とはちょっと違うかもですね。
       どうしてもどこかに自分を投影したり、
       自分を振り返ってみたりしちゃいますから。
       そういう意味では、「一対一での交際」っていう例えは、
       なるほどなーと思いました。
      こんばんは、miyukichiさん。
      TB・コメントありがとうございます。
      なかなか良い短編集でしたよ。
      本と人間の繋がりが良く出ていました。
      • miyukichiさんへ
      • 2007/08/19 9:03 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)角田 光代 (2005/05)メディアファクトリー この商品の詳細を見る 読み終えたら疲れる作家。自分にとって角田さんの作品はそういう位置づけ。それがこの作品では違い
      • しんちゃんの買い物帳
      • 2007/08/19 4:32 PM
       角田光代:著 『この本が、世界に存在することに』  この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス)角田 光代メディアファクトリーこのアイテムの詳細を見る  「本」にまつわる短篇集なのですが、  途中の何篇かまで、  てっきりエッセイだと思ってま
      • miyukichin’mu*me*mo*
      • 2007/08/19 5:31 PM
      この本が、世界に存在することに (ダ・ヴィンチ・ブックス) # 出版社: メディアファクトリー (2005/05) # ISBN-10: 4840112592 評価:80点 「読んだことあるよなあ」 読み始めてすぐにそう思った。 さらに読み進めて思った。 「でも、こんな内容だったけ。
      • デコ親父はいつも減量中
      • 2008/10/22 11:40 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      BLOG LIST

      カウンター

      本・読書ブログが一杯

      にほんブログ村 本ブログへ

      emo

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      始祖鳥記
      始祖鳥記 (JUGEMレビュー »)
      飯嶋 和一
      読みたい作家がいる。
      読みたい、読みたいでとき(時間)が過ぎる。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM